トップページ …→ ご挨拶

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

会員専用サイト
国立病院栄養研究学会

ご挨拶


全国国立病院管理栄養士協議会
会 長  森  伸 雄
(独立行政法人国立病院機構 近畿中央胸部疾患センター)



 全国国立病院管理栄養士協議会ホームページにアクセスをして頂き、誠にありがとうございます。

 私達の協議会組織は、昭和34年(1959)より全国8つの地方医務局単位に支部を設置し、発足致しました。
 現在は全国を北から北海道東北、関東信越、東海北陸、近畿、中国四国、九州の6グループ単位とし、会員の資質向上と各種研究及び相互の親睦等を主な目的に、概ね半世紀に亘り活動して参りました。
 その間、名称も発足当時の「栄協速報」「国立病院療養所栄養士協議会」から「厚生省栄養士協議会」へ変更され、また、平成15年10月総会におきまして、国立病院及び国立療養所の独立行政法人化の組織再編を受け現在の名称に改定されるなど、時代の要請に即した変遷を重ね今日に至っております。
 活動の具体的柱としては、各種講演会・研修会の開催や全国組織として国立病院機構143施設に、国立高度専門医療研究センター8施設とハンセン病療養所13施設を加えた164施設のネットワークを活用した調査・研究などを実施しております。
 平成16年からは、「国立病院栄養研究学会」を発足させ、会員のみならず賛助会員(食品企業や栄養士養成施設等)による学会発表も可能となりました。
 平成26年からは超長寿社会に向けた国民の健康増進を目的として「献立のデジタル化共同研究」事業を開始しております。

 なお、当該サイトのご利用に当たっては、会員をはじめ全国のアクセス可能な皆様からご支援頂ける様内容の充実に努めさせていただきますので、今後とも皆様方のご理解・ご協力をお願い申し上げます。